アジアの本の会

「アジアに関する図書の普及と販売を積極的に推進すること、これを通して多文化理解と国際交流に寄与すること」を目的とした出版社有志の集まりです。1994年に発足し、現在、16社が加盟しています。

【参加出版社】

明石書店・亜紀書房・花伝社・かもがわ出版・現代書館・高文研・コモンズ・春秋社・新泉社・新評論・人文書院・築地書館・東京大学出版会・東方出版・梨の木舎・めこん
2017年10月の新刊情報
0
    バングラデシュを知るための66章【第3版】 大橋正明、村山真弓、日下部尚徳、安達淳哉 編著 明石書店 四六 2000 変わりゆくバングラデシュの経済発展の諸相と同時に、なお残る様々な課題と新たに生まれた問題を、編集に若い世代が加わり描き出す、新しいバングラデシュ入門書。
    ミャンマーの教育 田中義隆 著 明石書店 四六 4500 前近代から軍事政権下までの歴史的変遷、民主化で進む大規模な改革の展望までを通史的にまとめた初の教育史。
    社会調査からみる途上国開発 稲田十一 著 明石書店 A5 2500 現地調査をもとに、経済社会の変化や社会制度改革の実態を紹介。途上国への理解とともに、外部からの援助と制度改革支援の経済社会的なインパクトを分析・検証し直す。 
    日韓をつなぐ「白い華」綿と塩 明治期外交官・若松兎三郎の生涯 永野慎一郎 著 明石書店 四六 3000 若松兎三郎の生涯を膨大な外交資料や木浦に残された事績、遺族・関係者への綿密な取材から浮かび上がらせる。 
    イスラームのくらし 長沢栄治/監修
    鳥山純子/著
    かもがわ出版 A4 2500 世界各地に広まったイスラーム。4カ国のイスラームの子どもの生活を見てみよう。
    沖縄子どもの貧困白書 沖縄県子ども総合研究所編 かもがわ出版 A5 2700 困難だからこそ官民協力で進める未来への子どもの貧困対策「沖縄モデル」を全国に発信
    「慰安婦」問題を子どもにどう教えるか 平井美津子 高文研 四六 1500 韓国で元「慰安婦」に出会い、「戦争」の実相と「平和」への思いを、教室の子どもたちとともに学ぶ大阪府公立中学校教師の20年に渡る授業実践記録
    これだけは知っておきたい 沖縄フェイク(偽)の見破り方 琉球新報社編 高文研 四六 1500 手を替え品を替え沖縄に対する「誤解・デマ・フェイクニュース」に、琉球新報社が愚直にひとつひとつ反証・実証する!
    日本ナショナリズムの歴史 梅田正己著 高文研 四六 2800 陸軍による「軍国主義宣言」から「国体明徴」運動、文部官僚による『国体の本義』、そして遂に「無謀な戦争」へと突き進んだ――「神国ナショナリズム」が国を席巻した時代を描く!
    日本ナショナリズムの歴史 梅田正己著 高文研 四六 2800 大日本帝国の崩壊と共に、日本ナショナリズムも消滅したはずだった。だが戦後70余年、今や国政の主流を占める。復活のプロセスをたどり、検証する!
    八段階のヨーガ スワミ・チダーナンダ著 増田喜代美訳 東方出版 A5 1800 パタンジャリの『ヨーガ・スートラ』の中特にアシュターンガ・ヨーガについて詳細に解説。「人は何のためにヨーガをするのか」という本質を理解するための必読書。

     

    | あじポン | 新刊情報 | 11:38 | - | - |
    2017年9月の新刊情報
    0
      キリシタンが拓いた日本語文学 郭南燕 編著 明石書店 A5 6500 宣教師の日本語習得と運用を中心テーマとして、歴史的背景、近代における展開、視覚的イメージ、ハングル著述との比較、という四つの角度からまとめた論集。 
      評伝 尹致昊 木下隆男 著 明石書店 A5 6600 近代朝鮮随一の民族独立啓蒙家でありながら日本統治に協力したため「親日派」の汚名を負わされた尹致昊。彼の日記から、冷酷な歴史に向き合った苦渋の姿が浮かび上がる。
      おじさん酒場  山田真由美 文、なかむらるみ 絵 亜紀書房 四六 1400 おじさん酒場とは、おじさんが、単独あるいは連れと共に心から愉しんで酒を呑んでいる、または、見ていてそう感じずにはいられない、景色のいい居酒屋のこと。
      東アジア連携の道をひらく 進藤榮一・朽木昭文・松下和夫共編 花伝社 四六 1800 アジアに環境・エネルギー・食料の共同体をつくる。トランプ政権下のアメリカがTPPから離脱した現状。専門家、ジャーナリストによる最新状況の報告と展望。
      日本ナショナリズムの歴史 梅田正己著 高文研 四六 2800 日本ナショナリズムの源流から、その形成、確立、崩壊そして復活まで――を通して叙述した初めてのシリーズ全4巻!
      日本ナショナリズムの歴史 梅田正己著 高文研 四六 2800 「神権天皇制」を支柱に近代日本画形成されてゆく過程で、ナショナリズムはどう喚起され、造形、拡大されていったのか。
      沖縄からアメリカ 自由を求めて! 画家 正子・R・サマーズの生涯 正子・R・サマーズ/原義和編 高文研 四六 1600 身売りで遊廓、沖縄戦を生き抜き、戦後米兵花嫁の第一号として渡米した女性の壮絶な一代記であり、知られざる沖縄近現代史
      種子が消えればあなたも消える 共有か独占か 西川芳昭著 コモンズ 四六 1800 種子法廃止の問題点、遺伝資源と多様な品種を守る日本や韓国などの活動、多国籍企業の動向、農民の権利と食料主権…種子と人間・社会のあり方を第一人者が多面的に論じる
      職業は忍者 甚川浩志著 新評論 四六 2000 山里に息づく日本文化の真髄は「忍術」にあり!アニメやアクションにはない現代版忍術教育が、日本と世界を変革する!
      PANA通信社と戦後日本 岩間優希著 人文書院 四六 3200 敗戦から朝鮮戦争、安保闘争、東京オリンピック、ヴェトナム戦争の時代、アジアから発信した通信社があった!
      仏典百話 新装版 高橋勇夫著 東方出版 B6 1500 膨大な仏教経典群から69種の経典を選び出してその経典を概説し、夫々の経典の特色をあらわす聖句を百とりあげて平易に解説する。

       

      | あじポン | 新刊情報 | 18:42 | - | - |
      2017年8月の新刊情報
      0
        テュルクの歴史 カーター・V・フィンドリー 著 明石書店 四六 5500 オスマン朝史専門家による世界史におけるテュルク諸民族の通史で、古代から近現代史まで俯瞰的に描いている。
        リスクと生きる、死者と生きる 石戸 諭著 亜紀書房 四六 1700 「リスク論」からこぼれ落ちる生を探し求めて、東北、そしてチェルノブイリへ―。気鋭の若手ジャーナリストによる渾身のノンフィクション。
        華北の万人坑と中国人強制連行 青木 茂著 花伝社 A5 1700 明かされる万人坑=人捨て場の事実。戦時中、日本が行った中国人強制労働。犠牲者が埋められた万人抗を訪ね、当事者の証言に耳を傾ける。
        皇軍兵士、シベリア抑留、撫順戦犯管理所 絵鳩 毅著 花伝社 A5 2000 1941年28歳出征、1956年43歳帰国。皇軍兵士の4年、シベリア抑留の5年、撫順戦犯管理所の6年。“戦後の戦争”を生きた著者の魂の遍歴。
        イスラームのおしえ

        長沢栄治:監修

        後藤絵美:著

        かもがわ出版 A4変 2500 イスラームってなに?いつ、どこで生まれた宗教なの?ムハンマドやコーランの内容など、基本的なイスラームの考え方を紹介。
        大ホリスティック医学入門 帯津良一 春秋社 四六 1900 〈人間まるごと〉から〈環境まるごと〉の医学へ。最新の免疫療法の成果から、がん治療の新しい可能性が見えてくる。初心者にもお勧めのホリスティック医学の入門書。
        グローバル・ジハードのパラダイム ル・ケペル/義江真木子訳 新評論 B6 3600 イスラム主義研究の国際的権威がウェブ時代のテロリズム生成過程とその背景を多角的に分析。個人史・イデオロギー・暴力の接点に迫る
        墓と仏壇の意義 新装版 八田幸雄著 東方出版 四六 2500 在家の人々のために墓と仏壇の歴史とその本来的意義を解き明かす。各宗祖の教えや経典の解説も交えた日本仏教入門の決定版。
        インドネシア少年の抗日・対オランダ独立戦争 エドナ・キャロライン原作 トムディアン原画 井上治訳 めこん A4 2400 インドネシアの人々はいかにして独立を勝ち取ったのか。人気の歴史コミック5部作の完訳。独立に対するインドネシアの人々の思いと歴史認識を知るために。

         

        | あじポン | 新刊情報 | 18:07 | - | - |
        2017年7月の新刊情報
        0
          現代中国の中産階級 周倩 亜紀書房 四六 2600 新聞やSNSの詳細な分析から、メディアと中産階級の相互関係を明らかにした上で、中国で中産階級イメージが作り出されてきたプロセスとその受容の実態に迫る。
          福岡伸一、西田哲学を読む 池田善昭、福岡伸一 明石書店 四六 1800 「動的平衡」概念の提唱者・福岡伸一氏(分子生物学者)が、西田哲学の継承者・池田善昭氏(哲学者)を指南役に、専門家でも難解とされる西田哲学を鮮やかに読み解く。
          家族と国籍 奥田安弘 明石書店 四六 2500 国籍の基礎知識から最新のニュースまで分かりやすく解説し、各国の立法動向も紹介。二重国籍の容認、婚外子差別の撤廃など、時代に合った国籍法のあり方を問う。
          興隆の旅 中国・山地の人々と交流する会 花伝社 A5 1600 日本軍による三光作戦の被害の村々を訪ね、教育支援と交流を重ねてきた14年余りの記録。凄惨な歴史の現実を見据えて新しい友好を切りひらく。
          抑止力のことを学び抜いたら、究極の正解は「最低でも国外」 鳩山友紀夫 柳澤協二 かもがわ出版 四六 1200 沖縄基地問題を通して、抑止力という言葉の前に思考停止していた日本の政治を検証する
          日中戦争全史 上巻 笠原十九司 高文研 四六 2300 日中全面戦争から80年――。対華21カ条要求からアジア太平洋戦争敗戦までの全体像を日本・中国・欧米の資料を駆使して叙述する。
          日中戦争全史 下巻 笠原十九司 高文研 四六 2300 これまでの歴史書にない日中全面戦争とアジア太平洋戦争の全体像を描いた労作!
          観光コースでないサイゴン 野島和男 高文研 B6 1700 街並みもフランスの風情があちこちに残る「サイゴン」をベトナム在住14年の著者が歴史と戦争の傷跡を訪ね、もうひとつのサイゴンを案内します!
          あわいの時代の『論語』 ヒューマン2.0 安田登 春秋社 四六 1800 「君子」とはどんな人のこと?「仁」の境地に達するには?人間の「心」のあり方に大変革が訪れた今、文字の起源に遡って『論語』を読む。究極の温故知新がここに!
          金子光晴の唄が聞こえる 松本亮 めこん 四六 2500 流浪の詩人金子光晴が彷徨った後を追って、マレーからシンガポール、パリへ。最も親しかった著者の遺作でもある。
          東アジアに翔る上毛野の首長 綿貫観音山古墳 大塚初重、梅澤重昭  新泉社 A5 1600 東アジアのとの活発な交流を裏付ける、華麗な副葬品が出土した古墳の実像に迫る。

           

          | あじポン | 新刊情報 | 17:41 | - | - |
          2017年6月の新刊情報
          0
            新貧乏物語 中日新聞社会部 編 明石書店 四六 1600 しのび寄る貧困の現場から
            日韓安全保障協力の検証 冨樫 あゆみ 亜紀書房 四六 2800 日韓のもう一つの真実と未来
            習近平の夢 矢吹 晋 花伝社 A5 2500 米中露の思惑と日本の立場とは
            長き沈黙 神谷 則明 かもがわ出版 A5

            900

            父が語った悪魔の731部隊
            キジムナーkids 上原 正三 現代書館 四六 1700 少年の視点で描く沖縄戦のリアル
            沖縄 鉄血勤皇隊 大田 昌秀編 高文研 四六 2000 人生蕾のまま戦場に散った学徒兵
            アジアの思想史脈 山室 信一 人文書院 四六 3400 交響するアジアの思想
            アジアびとの風姿 山室 信一 人文書院 四六 3400 歴史の陰に埋もれたアジアびと
            陀羅尼思想の研究 新装版 氏家 覚勝 東方出版 A5 3500 陀羅尼思想の展開を跡づける論集
            歴史を学び、今を考える 内海愛子・加藤陽子 梨の木舎 A5 1500 戦争も歴史も身近なことから考える

             

            | あじポン | 新刊情報 | 09:02 | - | - |
               1234
            567891011
            12131415161718
            19202122232425
            2627282930  
            << November 2017 >>
            + PR
            + SELECTED ENTRIES
            + CATEGORIES
            + ARCHIVES
            + Twitter_asiabooks1994
            https://twitter.com/asiabooks1994
            + MOBILE
            qrcode
            + LINKS
            + PROFILE